ある野球選手が、交際女性から8000万円の慰謝料を請求された、との報道を目にしました。

とんでもない金額の慰謝料を請求された、という報道を、特に芸能関係の報道でよく目にしますが、それもあってか、慰謝料はいくらぐらい支払わなければいけないのですか?というご相談をよくいただきます。

男女問題に関する慰謝料でいいますと、離婚の際の慰謝料で裁判所が認める慰謝料額は300万円が限度で、内縁、婚姻破棄や単なる浮気(離婚はしないけど不貞行為について慰謝料請求する場合)ではこれよりさらに低額になる傾向にあります。
(稀に離婚の慰謝料で500万~1000万円という裁判例やその他の場合でも数百万円の慰謝料を認める裁判例もあります。)

ただ、これはあくまで「裁判所が認める」慰謝料額です。当事者間で慰謝料額を定める場合には、双方の合意で金額が決まりますので、必ずしも、上記の範囲に金額が収まるとは限りません。
もちろん、交渉が決裂すれば、慰謝料額は最終的には裁判所に決めてもらわざるを得ませんので、「裁判所が認める」慰謝料額はどれくらいだろう、ということを考えながら交渉をします。ですので、通常は、上記の範囲内で慰謝料額も合意をすることとなります。
ただ、例えば、何らかの理由で裁判は絶対したくない、とか、浮気をした側で離婚したいけど相手が離婚に了解してくれない(不貞行為をした側からの離婚請求は原則認めないというのが実務の確立した運用です)、とか、いわば交渉上の「弱み」がある場合には、慰謝料額は相場と離れて大きく増えてしまうということはあり得ます。

これはあくまで推測ですが、冒頭で触れた野球選手への法外な慰謝料請求は、「交際の事実を表にしたくないだろう」という、交渉上の「弱み」を踏まえた請求額だったのではないでしょうか。

慰謝料の請求や、慰謝料の請求をされているという悩みについても、ぜひご相談ください。

慰謝料についてのご相談は、地下鉄東山線・鶴舞線伏見駅から徒歩2分、弁護士法人東海ローパートナーズまで。
初回お問い合わせ無料、電話番号052-212-5970まで。
愛知県豊明市、岐阜県多治見市の事務所でも、ご相談に応じております。