特別定額給付金ですが、名古屋市でもようやく申請書の発送が完了したそうです。
(申請期限は、9月1日の消印有効です。)

この特別定額給付金は、原則として世帯主名義の銀行口座へ振り込まれます。

ただ、配偶者や親族からの暴力を受けていて、他の市区町村に避難している方(当然、現在お住まいの市区町村で住民登録は怖くてできませんよね)については、一定の手続をすることで、自身の口座(お子様と一緒に避難されている方はお子様の分も)で受け取ることができます。

その「一定の手続」とは、今お住まいの市区町村の窓口(特別定額給付金の担当窓口)へ「申出書」というのを提出することをいいます。
(申出書は、市区町村窓口のほか、婦人相談所や総務省のホームページでも入手可能です。)
ただ、その「申出書」には、「証明書」(婦人相談所等が発行するもの)や「確認書」(市区町村、福祉事務所、民間支援団体等が発行するもの)か、保護命令決定書の添付が必要となります。

「世帯主に自分の給付金も振り込まれるんだ」と諦めずに、確認してみましょう。

夫婦間や親族からの暴力についてのご相談も、地下鉄東山線・鶴舞線伏見駅から徒歩2分、弁護士法人東海ローパートナーズまで。
初回お問い合わせ無料、電話番号052-212-5970まで。
愛知県豊明市、岐阜県多治見市の事務所でも、ご相談に応じております。