先日、ついに「コロナ離婚」の相談を受けました。
ニュースやネットで騒がれているころには、特にコロナが原因の離婚相談は来なかったのですが。

詳しくは書けませんが、要は、
・コロナ前には、共働きで最低限の接触しかなく、(今思えば)お互い気を遣って生活していたので特に居心地が悪いということはなかった。
・コロナになって、お互い時短やリモートワークが増え、自宅で一緒にいる時間が増えた。
・すると、相手の嫌なところが目に付くようになってきた。(例えば、友人と何十分か電話していると、後ですごく怒られる、とか)
・ストレスが溜まって離婚したいと切り出したが、まるで応じてくれない。
というようなものです。

基本的には、民法で定める離婚事由がなければ、一方的に離婚することはできず、相手が離婚に応じなければ、離婚まではかなりの時間がかかることになります。

まずは、(お試しでもいいので)少し距離を置いてみて、冷静になってみることも大切かもしれません。
・・・ただ、いったん距離を置いてみると、かえって離婚への意思が強くなってしまうことも往々にしてありますが。

コロナ離婚については、当事務所にぜひご相談ください。

コロナ離婚についてのご相談は、地下鉄東山線・鶴舞線伏見駅から徒歩2分、弁護士法人東海ローパートナーズまで。
初回お問い合わせ無料、電話番号052-212-5970まで。
愛知県豊明市、岐阜県多治見市の事務所でも、ご相談に応じております。