昨日、令和3年10月1日付にて、名古屋家庭裁判所より、「家事調停官」の辞令をいただきました。

「家事調停官」は、家事事件手続法250条、251条に定められる、いわゆる非常勤裁判官でして、名古屋家庭裁判所では、週に1回、離婚関係(相続関係は取り扱いません)の調停を主宰し、調停委員の先生方と協働して、調停を申し立てた方、また、申し立てられた方が納得できる話し合いが行われるように尽力する役割です。

というわけで、今後、まずは2年の任期の間、週に1回事務所を不在にしますが、そこで得た知見を、ご相談者様・ご依頼者様のお悩みに生かせるよう、努力してまいりますので、引き続き、よろしくお願いいたします。

夫婦・パートナー間のお悩みやトラブルに関するご相談は、地下鉄東山線・鶴舞線伏見駅から徒歩2分、弁護士法人東海ローパートナーズまで。
初回お問い合わせ無料、電話番号052-212-5970まで。
愛知県豊明市、岐阜県多治見市の事務所でも、ご相談に応じております。