ある日突然弁護士から内容証明郵便が届く、そんな経験はなかなかないと思いますが、自分がそのような状況になったら・・・。
例えば、弁護士名で「不貞行為に基づいて慰謝料○○万円を請求します」という手紙が届いたら、あなたはどうするでしょうか?

なお、「不貞行為」というのは原則としていわゆる肉体関係を指していますので、以下はその前提でのお話しとなります。

<不貞行為はしていない場合>
確かに仲良くしていたけど、不貞行為はしていない!という場合、どのように対応するとよいのでしょうか。
・まず、不貞行為をしていたと誤解されるような行為(例えば、一緒にホテルに行ったとか、どちらかの家で長時間過ごしたとか、あるいはLINE等で不貞行為を伺わるようなやりとりをしたとか)はなかったか、思い出してみてください。
・それがないとしても、「普通の」弁護士であれば、何らかの証拠に基づいて請求をしてきています。そのまま無視したり、ただ「不貞行為はありません」と突っぱねるだけでは、裁判になってしまう可能性が高いです。
・裁判でシロクロ付けるのであれば、それでいいですが、裁判にされたくない、という場合には、交渉で少しの解決金を支払って裁判が起こる前に解決するという方法があります。裁判になるとしても、交渉をするとしても、弁護士に依頼する方が望ましいと思われます(少なくとも、早めに弁護士にご相談されることをお勧めします)。

<不貞行為をしていた場合>
不貞行為に心当たりはあるけど、請求額が高すぎて払えない!という場合、どのように対応するとよいのでしょうか。
・この場合も、やはり、相手がどの程度の証拠を握っているかを把握するため、どのような態様で不貞行為が行われたか、あるいは不貞行為の相手とのLINE等でのやりとりがどうであったか、などを振り返る必要があります。
・その上で、この不貞行為が原因で相手が離婚するか否かで、裁判で認められる慰謝料の金額が異なるため(ケース・バイ・ケースですが、離婚となるのであれば200~300万円くらい、離婚とならないのであれば100万円前後くらいがおおよその目安です)、そこを(分かる範囲で)把握するようにします。
・裁判になってしまえば、証拠を基に裁判所がおおよその金額を判決前であっても示唆してくるため、そこからの大幅な増減額は難しくなります。交渉での減額を狙うのであれば、早めに弁護士に相談していただくのが良いと思われます(例えば、弁護士に依頼しないことで、想定される弁護士費用分を上乗せして相手に支払うと提案することによって裁判を回避できる可能性があります)。

いずれにしましても、弁護士から内容証明郵便が届いたら、早めに弁護士に一度ご相談させることをお勧めします。

弁護士から内容証明郵便が届いたら、ご相談は、地下鉄東山線・鶴舞線伏見駅から徒歩2分、弁護士法人東海ローパートナーズまで。
初回お問い合わせ無料、電話番号052-212-5970まで。
愛知県豊明市、岐阜県多治見市の事務所でも、ご相談に応じております。